20210731 『テクノロジー犯罪の本質とUFOテクノロジー隠蔽工作』 

UFO01


UFOテクノロジー隠蔽工作


  • グリア,スチーヴン・M.【著】〈Greer,Steven M.〉/前田 樹子【訳】

内容説明
国連事務総長、米国大統領、CIA局長らがUFO機密情報から疎外されている。世界のパワー・エリート達が隠蔽している事実とは何か?数々の証言を集めて情報開示を試みる一人の医師の命をかけた戦いの記録。


スティーブン・M・グリア

(英: Steven Macon Greer, 1955年6月28日 - )は、アメリカ合衆国の元医師でUFO研究者。グリアは、Center for the Study of Extraterrestrial Intelligence (CSETI、地球外知性研究センター) および隠蔽されたUFO情報を暴露する UFO機密情報公開ディスクロージャー・プロジェクト (The Disclosure Project) を設立した。



管理人コメント


最初にいっておきますが、私はオカルト主義者ではないリアリストです。また、グリアの主張をすべて正しいとは考えていません。例えば、非殺傷兵器を霊的兵器と誤認している部分などもあります。上記書籍は、テクノロジー犯罪の本質を知るために、『黒い陰に輝く光 著者:ラウニ・リーナ・ルーカネン・キルデ/訳者:石橋輝勝 』と、あわせてお読みください。上記書籍には、テクノロジー犯罪を理解するためのヒントがちりばめられています。例えば、軍産複合体のテクノロジー犯罪への関与、CIA上層部にさえ隠蔽されて、イエズス会を通してUFOテクノロジーが回収されていることなどです。


※日本のテクノロジー犯罪は、創価学会ではなくペンタゴンと防衛省の合同人体実験であり、特にイエズス会や東インド会社、フリーメイソンと関係が深い勢力が関与しています。戦時中に旧日本軍が開発した電磁波兵器もアメリカ経由で、バチカンや大英帝国の中枢に回収されました。


UFOには、地球人類が作ったUFOと別の文化圏のUFOがあり、インターネットやTVに出るUFOはほとんどがフェイクですが、スノーデンが極秘情報を持ち出してからは、別の文化圏のUFO情報も表に出るようになりました。こちらの技術がベル研究所の様な上位研究所などで研究され、技術が人類に還元されたりしています。テクノロジー犯罪に利用されている技術の中にも、別の文化圏から人類が回収した技術を再構築し、その未熟な技術を利用して極秘に人体実験している要素があります。



『集団ストーカー』と呼ばせているものは、大ローマの植民地管理システムとして生まれた極秘プログラム



スティーブン・グリア博士によると、約38レベルのセキュリティクリアランスがあります。 TIプログラムはおよそレベル24で、トランプ大統領の許可(レベル17)を上回っています。テクノロジー犯罪のセキュリティレベルは24であり、この極秘人体実験は日本の総理も知らない可能性があります。日本政府、皇室、日銀も監視対象になっています。


集団ストーカーは、大ローマ(世界政府)の植民地管理システムであり、日本は明治維新で神聖ローマ(英王室含む)と手を組み、現在もローマの植民地なのです。日本は、人体実験場なのです。

近代オリンピックやワクチン利権にも、バチカンが深く関与しています。


テクノロジー犯罪を本当に知りたい方は、こちらの記事にある書籍と上記書籍をお読みください。ただし、真実に近づくにつれて危険も増えるためご注意ください。集団ストーカーに関するデマ情報を流しているのも、軍情報部と諜報機関、バチカン系列の宗教組織がほとんどなのでデマにご注意ください。


集団ストーカー&テクノロジー犯罪(国営テロ犯罪)を、最短で理解する方法! ※一般市民向け

https://cybertorture.fc2.net/blog-entry-8.html


一般市民がネットだけで、真実を知るのは非常に厳しいですが、テクノロジー犯罪は、今後日本人の7割以上に向けられると予測できるため、例えば歴史ある一族の関係者などは勉強して、殲滅されたりコントロールされることを避けて上手く生き延びてください。賢い若者は、海外の安全な地域に移住してください。これから、日本人の過半数がゾンビロボット化される可能性があります。


※本記事は、軍情報部にMKウルトラされて廃人化した管理人がマインドコントロールを受けた状態で執筆しているため、情報にご注意ください。UFO情報は、軍上層部や一部の結社員は周知の事実として、理解しています。ですが、彼らの情報にもデマが含まれているため、必然的にグリア氏の情報にも真実とデマが混ざっています。情報リテラシーを身に付けたうえで、お読みください。


※集団ストーカー(影の政府の極秘人体実験含む)は、UFO問題と同じく軍情報部と諜報機関によって管理されているため、一般市民が必要以上に調査すると軍情報部と諜報機関にマークされて、脳を改ざんされます。それでも止めない場合は、ターゲットになる可能性があるためご注意ください。事象集団ストーカー被害者の半数は、情報機関関係者とマインドコントロールされた被害者なので、ご注意ください。本物の被害者もいますが、この犯罪を本当に理解している方は、ごく一部です。


※すべての日本人にインプラントを施し、スマート刑務所とスマート畜産技術を応用したスマートハウスに入居させて、対人レーダーや極秘技術でマインドコントロールを行う予定なのでご注意ください。コンビニやネットカフェも、人体監視に利用されます。



私を監視している勢力へ


私はいかなる勢力に対しても、挑発や批判をブログ以外では行いません。また、軍事AI兵器の開発に協力させようとする勢力がいますが、私は争いが嫌いであり、いかなる協力も行いません。私に成りすまして、意味不明な言動や挑発を繰り返している連中は、私でも別の人格の私でもなく、全く異なる他人あるいは人工知能なのでご注意ください。私はただ、自然とともに静かに暮らしたいのです。

コメント

非公開コメント