奥の院の軍情報部(スーパーコンピュータ)と繋がったレーダー兵器網で、日本列島は常に蟻の巣観察キットのように分析され自動コントロールされている!

すべての日本人に番号が振られ、戸籍がない人間も重要人物はデータベースに登録されています。
奥の院の予定は、すべての皆さんに極秘にチップを埋め込み人体各部に番号を振り、スマホのアップロードのように自動で脳や人体を書き換える予定です。つまり、自由志向さえ許されない時代が近いです。テクノロジー犯罪被害者は実験台であり、本番が始まりました。すべての日本人が電磁波兵器のターゲットです。

故ブレジンスキーの言葉が、現実のものになりました。
joBN

日本人の仕分け作業は、残念ながら半世紀かけて終わりました。そして、日本全土に電磁波兵器インフラを構築し終えました。そして、大半の日本人が中身や安全性のわからないワクチンを接種しています。形を変えたFEMA計画が始まっています。

理解されないことはわかっていますが、米軍や自衛隊の基地にアンテナ工場があり、インフラ組み込み型のアンテナや音響兵器がすでに、日本中に組み込まれています。通信企業は実質、軍情報部の管理下にあります。すでに日本の公共施設、大企業、コンビニ、ショッピングセンターにも電磁波兵器網が組み込まれており、市民の脳を監視して書き換えることができます。
電磁波兵器により病気や事故、自殺に見せかけられ、不要と判断された人間がホロコーストされながら資産が回収されます。思想犯は脳を書き換えられます。一般市民が理解していないことは、軍事用対人レーダーが広域に市民の生活圏に対して利用されており、人々の住宅はスキャンされており、特にテクノロジー犯罪被害者は、24時間レーダーで自動3D撮影されています。ちなみに、軍事レーダーは暗号化されており、盗聴発見器や市販の電磁波測定器では測定できません。
加害者側は、末端オペレータと軍情報部の取得している情報量は異なるようです。末端オペレータは取得できる情報を制限されており、軍部は空間全域を把握しており、ターゲットの住宅はもちろん、周囲全体の人間の動きも把握しています。ターゲットの家族がどこで何しているかもすぐ検索できるようです。

驚くべきことに、あらゆる家具や小物も登録されており、移動した場合、移動した座標も記録されているようです。また、空間内を巻き戻して解析もできるようです。例えば、本人さえ忘れた小物を加害勢力が検索して見つけ出して、遠隔操作で発見させたりします。

テクノロジー犯罪の本当のターゲットは、空間そのものであり、被害者だけではなく、家族、近所の建物や人間もレーダーで自動追尾されています。驚くべきことに、ペットまで登録されており、出かけるたびに自動で近所の犬を吠えさせたりしています。すべてプログラムです。

家宅侵入が繰り返される理由は簡単で、軍事レーダーでターゲットだけではなく周囲全域の人や車の動きを観察しており、だれがどの座標におり、どの座標へ向かおうとしているかも瞬時にわかるようです。脳を操り、子どもをターゲットの家の前で遊ばせたりもしています。

町全体がアリの巣観察キットのようにされており、国民はすべて番号を振り分けられており、メールを送るような手軽さで、脳や人体を操作するプログラムが完成しており、チップがなくとも遠隔からコントロールできます。


日本人は、スマホの電磁波でぐるぐる回る蟻のように、これから人工知能とつながったレーダー兵器で操られる予定です。ワクチンも、加害勢力は日本人をロボットにする前の、料理でいうと仕込みのようなものと脳に送ってきていますが、どういう意味かは分かりません。

スマホの電磁波でグルグル回りだす蟻。
何故か、この動画を思い出した。

デジタル監視、5G、人工知能、精神工学兵器網…。
Ants Circling My Phone - iphone ant control - Ameisen umkreisen iphone   


レーダーでスキャンしたデータをリアルタイムに映像にすることができます。ターゲットだけではなく、まわりの広域の空間そのものがリアルタイムで3D撮影されており、アリの巣観察キットのような有様です。
これから、日本人をゾンビロボット化して人工知能とつながったレーダー網で遠隔コントロールする計画です。コロナもそのための前準備でした。2030年に向けて、この計画を進めるために人材を調整しています。


容赦なく日本人をロボットに改造するための、マインドコントロールされた工作員が長い月日をかけて用意されている


加害勢力が私の脳に送った情報。
末端オペレータは、モナークマインドコントロールされた薬中の様なチンピラやくざのような人間です。それを結社とつながった軍情報部がコントロールしています。末端オペレータは正気ではなく、本当に日本人をロボットにする予定です。はっきりいって、彼らは本気でやる気です。
「すべての日本人をボタン一つで股を開くロボットに改造する。」

権力の最上層部とつながる情報機関、およびその下請けをしている人間の腐敗というのは、皆さんには理解できないと思います。本当に非道な人間が日本を裏からコントロールしています。
「人間が本当に悪くなると、人を傷つけて喜ぶ事以外に興味を持たなくなる」
ゲーテの格言のような人間がテクノロジー犯罪のオペレーターをしており、どうも彼ら自身、脳を破壊され人間的感情を持たない悪魔というより、脳を部分破壊された非人道行為を行うための部品にされている印象を受けます。これら、マインドコントロールされた工作員を、アイヒマン型人間が監視し、背後から本当に悪い情報機関がコントロールしているように見えます。
何が書きたかったかというと、皆さんをロボット人間にするための人材と設備、プログラムが半世紀の人体実験を通して用意されており、準備が終わり、本番が始まってしまったということです。
日本は、各地域の民族や遺伝子情報はもちろん、歴史者、地質学、霊脈や水源まで、分析されつくされてしまっています。そして、すべての日本人が家畜のように番号を振られ、海外から遠隔で監視コントロールできる状態にあります。原発も人体に埋め込まれた不発弾のようなもので、遠隔からいつでも破壊できます。ここまで来てしまうと、本当に命を懸けてこの国を守るために立ち上がる人がいなければ状況は変えられません。今動かなければ、未来はより困難になります。動くなら今です。
2030年ごろには、すべての人間がAIで監視されコントロールされて、何もできなくなってしまいます。これから3~4年で、日本の未来は決まるでしょう。

情報機関の多元的分析と、コントロールされない方法


①被害者の住宅、および周辺活動エリア、など外部からの監視・分析 ②被害者および、関係者の脳や人体を分析し、対象の内部情報の分析 ③各リンク、ネットワークの分析  ④加害工作員の情報および、加害工作員の脳や人体から得た印象地の分析(末端工作員も人体実験被害)
⑤その他
加害勢力は、人工知能とつながった精神工学兵器やエネルギー兵器、工作員を利用して、多角的に空間を分析しています。これは、国家を解体、解剖するための分析作業であり、日本を守るために、彼らの手法を学び、防衛策を作らなければなりません。最も、日本政府が主体的に加担しているため、各家庭、個人が自ら防衛するしかありません。
彼らは基本的に、刺激を与えて、反応を分析し、新たな刺激を加え、それを分析することを繰り返しています。 反応しないことが最も大切です。 拷問して反応を分析し、引力、斥力を見つけ出し、それを利用して人間をコントロールします。ニュートラルにするのが利用されないコツです。

心をつねに静かに保ち、理性的になり、煩悩を制御することが大切です。
※MKウルトラされながら、脳を人工知能につなげられて執筆しているため、内容にご注意ください。

コメント

非公開コメント