テクノロジー犯罪 街宣原稿

A版 テクノロジー犯罪を全く知らない一般市民向け


原稿の題名
「テクノロジー犯罪の存在を、全ての日本人に伝えたい!」
 
ご通行の皆さま、〇〇、ご苦労様です。
(暑い中、寒い中、忙しい中、お勤め、など)
これから皆さまの将来に深く関係する、国家犯罪のお話をします!
 
(最初に申し上げておきますが、
この活動は、いかなる政治・宗教団体とも一切関係がありません。)
 
私たちは、テクノロジー犯罪の被害者です。
皆さんは、テクノロジー犯罪をご存知でしょうか? 始めてこのなを聞いた人もいるかもしれません。

テクノロジー犯罪とは、先端科学技術を利用した遠隔からの監視・拷問行為を指します。電磁波兵器、音響兵器、遠隔生体監視装置などが使われます。エレクトロニックハラスメントと呼ばれることもありますが、MKウルトラ計画との類似点が多く、ハラスメントではなく拷問です。

放射線照射や毒ガスの被害にもあっている人もおり、東ドイツの秘密警察シュタージとの共通点もあります。この犯罪は目に見えないため、周りの人に理解されにくいという特徴があります。

テクノロジー犯罪の存在に疑問視される方もいますが、2020年には国連がテクノロジー犯罪の存在を認めて「サイバー拷問」と名付けました。現在は、国際連合人権高等弁務官事務所のサイトにもこの犯罪が記載されています。

電磁波と音波振動を利用した遠隔レイプも、男女問わず行われています。テクノロジー犯罪は、未成年に対しても行われており、学習を妨害され、友達を作れなくされている子どもたちが日本中にいます。

テクノロジー犯罪の主な目的は、2つあります。1つは政府の極秘人体実験です。もう1つは権力者にとって不都合な人間を静かに潰すことです。

テクノロジー犯罪被害者の中には、放射線照射で癌にされたり、自動車の運転中に眠らされ事故誘発される方がたくさんいます。職場でミスを誘発され、退職に追い込まれた方もいます。

テクノロジー犯罪被害者の中には、脳と神経系をハッキングされて、肉体を遠隔操作されて犯罪や自殺を強要される人までいます。皆さんには信じられないかも知れませんが、人体は簡単にハッキングでき、遠隔からアンドロイドの様に操れます。

電波、音波、放射線を利用した犯罪と聞くと、SFの様に聞こえる方もいるかもしれませんが、被害者の中には、実際に測定器を使い測定されている方がいます。
(※出来れば計測データや、被害者の写真パネルがあると伝わりやすい。)

テクノロジー犯罪被害者は、自宅にいる時も、仕事中も、睡眠中も、人工知能と繋がった電磁波兵器や音響兵器で、24時間365日、遠隔から自動拷問されながら生体情報を収集されています。収集された脳波や生体情報はコンピューターで分析され保存されています。

テクノロジー犯罪の最終的な目的は、人工知能と繋がった電磁波兵器や音波兵器で遠隔から市民をコントロールするインフラを日本の全ての地域に広げることです。その前準備として日本でもデジタル庁の設立とスマートシティ計画が決まりました。その先にはムーンショット計画が予定されています。

日本人をマインド・コントロールしてロボット化するための遠隔神経操作とエネルギー兵器の驚異を皆さん理解してください。

テクノロジー犯罪被害者は、世界中にいます。米国や中国では10万人を越えるテクノロジー犯罪被害者がいます。日本でも47都道府県全てに、膨大なの被害者がいます。日本制空権だけでなく、日本人の制脳権が危機にあります。

半世紀前のテクノロジー犯罪は、情報機関が精神病院や刑務所で極秘に人体実験を行ったり、権力者にとって不都合なごく一部の人間をターゲットにしていました。現在は、軍の通信網、携帯電話の通信網、人工衛星の普及により、2000年を越えた辺りから急増しています。

テクノロジー犯罪被害者になるハードルは、年々下がり続けています。現在では市民運動、ネットの書き込み、権力者との些細なトラブルでも被害が始まる人が急増しています。たいした理由もなく、人体実験台にされる被害者が増えています。

テクノロジー犯罪被害者は、精神工学兵器やマイクロ波視聴効果を利用した音声送信により、人工的(意図的)に精神疾患と同様の症状を発症させられており、それを利用して統合失調症病に仕立て上げられています。

テクノロジー犯罪被害者イコール統合失調症というデマが広がる原因は、日本国内の統合失調症の診断基準にあります。

日本国内の統合失調症の診断基準には、世界保健機関(WHO)が作成しているICD「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)」と、アメリカ精神医学会が出版しているDSM「精神障害の診断と統計の手引き(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)」が利用されています。

この2つの基準には、精神工学兵器や音声送信装置を利用した統合失調症の症状を遠隔から人為的に再現できる危険性について記載されていません。本来は、精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準が導入されるべきです。
 
テクノロジー犯罪の加害勢力は、世界中で共通しています。どこの国でも主犯は、軍情報部、警察、軍産複合体、研究機関による複合ネットネットワークです。特に、影の政府側の部隊が主体となって行っています。近所の人や宗教団体が単独で行っているわけではなく、背後には影の政府機関が関与しています。
 
世界的に同時に起きているテクノロジー犯罪には、内部告発者や証言者がいます。元米陸軍ジュリアン・マキニー、元台湾陸軍中佐アラン・ユー、元FBI特別捜査官 テッド・L・ガンダーソン、ラウニ・キルデ博士、キャサリン・ホートン博士などです。

元英国軍情報部第5課(MI5)所属のマイクロ波の専門家バリー・トゥロワー博士、元CIAの諜報部員カール・クラークは、マイクロ波兵器による市民への人体実験が行われたことを証言しています。元アメリカ国家安全保障局テクニカルディレクターのウィリアム・ビニーも、マイクロ波兵器による一般市民に対するテクノロジー犯罪の存在を認めています。
 
内部告発者の肩書を見ればわかるように、国家が関与した極秘人体実験なのです。海外ではTVでニュースでも取り上げられています。日本でも少しずつ過去の人体実験がドキュメンタリーとして取り上げられ始めています。
 
テクノロジー犯罪被害者は、すべての都道府県に存在しており、実は被害者の過半数が一般女性です。もちろん、この〇〇県にも、多くの被害者がいます。
(○○=街宣を行う県)

テクノロジー犯罪の存在を否定するということは、日本政府と、日本を植民地化にしている海外勢力合同の、一般市民に対するテロおよび、長期的な人体実験が存在する事実に、目を背けるという行為です。
 
すでに皆さんも、テクノロジー犯罪の被害者になりつつあります。5Gネットワーク通信のための過剰な電磁波基地局の設立、それに伴う電磁波被害、福島原発事故による汚染土や、汚染された飲食物による放射線被害、ケムトレイルや毒物入りのワクチンといった薬物被害など。令和時代になり、デジタル監視社会が進むと同時に、警察国家も加速しつつあります。
 
ご通行の皆さま、近年になって急激に市民を監視するシステムが拡大しているとは思いませんか? 監視カメラはもちろんのこと、顔認証システムも拡大しつつあります。また、マイナンバーカードや電子マネーの普及も加速しています。

テクノロジー犯罪には、高度電子工学を利用した新たな監視社会構築のための、社会的実験の要素があります。日本のすべての都道府県に被害者が用意されているのもそのためです。

皆さま、ここ〇〇県でも、多くのテクノロジー犯罪被害者が存在します。被害者がたくさんいるということは、テクノロジー犯罪に利用される電磁波兵器や音響兵器のインフラが拡大していることになります。みなさんは、その中で生活しているのです。

テクノロジー犯罪は、国家権力も関与した大規模犯罪であり、警察や公的な機関に訴えても無視されることがほとんどです。時には精神病院に強制入院させられるケースまであります。ですから、何よりも世論が必要なのです!
 
テクノロジー犯罪被害者は、ここ数年激増しています。ネット上の情報が増えているのも、そのためです。ひょっとすると、この街宣を聞いている人の中にも、被害者の方がいるかもしれません。
 
安心してください、あなたは1人ではありません。私たちの様に、多くの被害者が声を上げ立ち上がり始めています。チラシをお配りしているので、興味のある方はチラシを受け取ってください。
 
テクノロジー犯罪に関与する加害者の皆さんに、メッセージがあります。
気軽な気持ちでこの犯罪に参加している加害者の皆さん、あなたは、自殺に見せかけた人殺しや、一般市民に拷問を与えるプログラムに参加しているのです。良心があるなら、今すぐやめてください。
 
あなたの家族やご先祖が、犯罪を犯している今のあなたを見て何を思うでしょう。目を覚ましてください。僅かなお金と命令で、大切なあなたの人生をドブに捨てないでください。
 
せっかく生まれて来た人生です。他人の人生と幸福を奪うことに時間を使わないでください。人生は短いのです。自分の幸福のために好きなことを見つけ、そこに時間を使ってください。もし、内部告発をして頂けるのであれば、少なくとも私個人は、これまでの罪を許します。人として生きるためにも、組織犯罪から足を洗ってください。
 
ご通行の皆さん、テクノロジー犯罪には、明らかに優生学的思想が含まれています。加害組織上層部は、ターゲットを狩の獲物や、先端科学実験のモルモットぐらいにしか考えていません。

テクノロジー犯罪被害者には、思考盗聴システムや、遠隔的な生体情報の監視が利用されています。思考盗聴と聞くと、急に信ぴょう性を疑う方がおられるかもしれませんが、半世紀以上から研究されている技術であり、特許にもなっています。私たちテクノロジー犯罪被害者は、ある意味、未来の日本の監視社会を生きているともいえるのです。

近い将来、すべての日本人を高度電子工学の網と人工知能が監視して、思考を読み取り、人々を点数化して、非国民と認定された人間は、指向性エネルギー兵器で拷問されるという時代が来るかもしれません。

今ならまだ間に合います。どうか皆さま、テクノロジー犯罪を他人事だと思わずに、被害者の声を聞いてください。もしかしたら、被害者の声の中に、未来の日本を救うヒントがあるかもしれません。未来の子どもたちのためにも、どうかこの犯罪の周知活動ににご協力してください。

2020年の東京都知事選では、NPO法人「Targeted Individuals Japan」代表の押越清悦氏が「世の中にテクノロジー犯罪の存在を訴える」公約を挙げ無所属で立候補しました。集団ストーカーやテクノロジー犯罪に言及する政治かも、少しずつ増えています。

アメリカでは、ミシガン州、メイン州、マサチューセッツ州の州法がエレクトロニック・ハラスメント行為を禁止しています。日本でも、テクノロジー犯罪撲滅に向けて政治を動かしていく必要があります。

テクノロジー犯罪被害者だけではなく、みなさんの子どもや孫たちのためにも、テクノロジー犯罪を禁止する法律や条例を成立させていきましょう!

テクノロジー犯罪について興味のある方は、チラシをお配りしております。ぜひ手に取ってください。そして、よければおうちに帰ってほんの少しの時間でいいので、テクノロジー犯罪について検索してみてください。

みなさんのご理解が、この犯罪を世に知らしめるための唯一の希望なのです。どうか、この犯罪を知ってください。そして、もし身近な家族や友人の中に、テクノロジー犯罪の被害を訴えている方が現れた時は、冷静に話を聞いてあげてください。

テクノロジー犯罪の被害に会い、家族や友人に理解されず自ら命を絶つ人も少なくありません。身近に理解してくれる人がいるだけで、被害者は本当に救われるのです。皆さんの善意が、多くの人の命を救うのです。
 
全国の被害者の皆さん、共に周知活動を続けてまいりましょう。テクノロジー犯罪被害者の理性的な行動と、市民の皆さんのご理解・ご協力が合わされば、この犯罪は、必ず表に出てます。そして、解決の糸口が見つかります。
 
全ての日本人の未来のためにも、この犯罪の存在を共有し、一刻も早く、高度電子工学を利用した政府の人体実験であるテクノロジー犯罪を廃止に追い込みましょう! そのためにも、皆さまの御理解と御協力をお願いします。
 
ご清聴ありがとうございました。



B版 テクノロジー犯罪の基本を知っている方向け


原稿の題名
「(影の)政府の市民に対する人体実験、テクノロジー犯罪を知ってください。スマート畜産技術を応用した日本人の家畜化計画に断固反対する!」
 
ご通行の皆さま、〇〇、ご苦労様です。
(暑い中、寒い中、忙しい中、お勤め、など)
これから皆さまの将来に深く関係する、国家犯罪のお話をします!
 
(最初に申し上げておきますが、
この活動は、いかなる政治・宗教団体とも一切関係がありません。)
 
私たちは、テクノロジー犯罪と呼ばれている政府機関が関与した極秘人体実験の被害者です。皆さまは、テクノロジー犯罪をご存知でしょうか? 

テクノロジー犯罪の存在に疑問視される方もいますが、2020年には国連がテクノロジー犯罪の存在を認めて「サイバー拷問」と名付けました。現在は、国際連合人権高等弁務官事務所のサイトにもこの犯罪が記載されています。

テクノロジー犯罪とは、電磁波兵器、音響兵器、遠隔生体監視装置を利用した遠隔からの監視・拷問、洗脳行為を指します。エレクトロニックハラスメントと呼ばれることもありますが、MKウルトラ計画との類似点もあり、ハラスメントではなく人体実験の要素が強いです。

一部の被害者は、放射線照射や毒ガスの被害にもあっています。電磁波と音波振動を利用した遠隔からの電子的なレイプも、男女問わず行われています。テクノロジー犯罪は、未成年に対しても行われており、学習を妨害され、友達を作れなくされている子どもたちが日本中にいます。

テクノロジー犯罪被害者の中には、放射線照射で癌にされたり、自動車の運転中に眠らされ事故誘発される方がたくさんいます。職場でミスを誘発され、退職に追い込まれた方もいます。

テクノロジー犯罪被害者の中には、脳と神経系をハッキングされて、肉体を遠隔操作されて犯罪や自殺を強要される人までいます。これはもはや、テロ行為であり断じて許されることではありません! 

電磁波、音波、放射線を利用した犯罪と聞くと、SFの様に聞こえる方もいるかもしれませんが、被害者の中には、実際に測定器を使い測定されている方がいます。
(※出来れば計測データや、被害者の写真パネルがあると伝わりやすい。)

テクノロジー犯罪被害者は、自宅にいる時も、仕事中も、睡眠中も、人工知能と繋がった電磁波兵器や音響兵器で、24時間365日、遠隔から自動拷問されながら生体情報を収集されています。収集された脳波や生体情報はコンピューターで分析され、人工知能を育成するエサとして利用されています。

テクノロジー犯罪の最終的な目的は、人工知能世界政府の樹立です。スマート畜産技術を人間に適応して遠隔管理する計画です。いずれは、全ての人類を人工知能と繋がった電波で遠隔管理する予定です。

その前準備として日本でもデジタル庁の設立とスマートシティ計画が決まりました。その先にはムーンショット計画が予定されています。トランスヒューマニズムにもご注意ください。

実際に脳と人工知能を繋げられたテクノロジー犯罪被害者は、必要としないデータを24時間送信され、自由な意識も奪われて灰色の世界を生きています。

近年は、人の脳をコンピューターに結ぶデバイスも現れています。携帯電話で脳波を読み取る実験も20年以上前から行われています。いずれは、スマートフォンを利用したマインドコントロールが、市民に向けられるでしょう。人類をマインド・コントロールしてロボット化するための遠隔神経操作とエネルギー兵器の驚異を皆さん理解してください。

テクノロジー犯罪被害者は、世界中にいます。米国や中国では10万人を越えるテクノロジー犯罪被害者がいます。日本でも47都道府県全てに、膨大なの被害者がいます。日本の制空権だけでなく、日本人の制脳権が現在危機にあります。

半世紀前のテクノロジー犯罪は、精神病院や刑務所で極秘に人体実験を行ったり、権力者にとって不都合なごく一部の人間をターゲットにしていました。

現在は、在日米軍と自衛隊の通信網、携帯電話の通信網、人工衛星の普及により、被害者の数は増え続け、2000年を越えた辺りから急増しています。現在はマイクロ波通信網に電磁波兵器システムが組み込まれているため、全ての日本人がテクノロジー犯罪予備軍に移行しています。

テクノロジー犯罪被害者になるハードルは下がり続け、現在では市民運動、ネットの書き込み、権力者との些細なトラブルでも被害が始まる人が急増しています。権力者にとって不都合な人間を静かに消すことに、テクノロジー犯罪が利用されています。情報機関と警察が、隠蔽工作を行っています。

テクノロジー犯罪被害者は、精神工学兵器やマイクロ波視聴効果を利用した音声送信により、人工的(意図的)に精神疾患と同様の症状を発症させられており、それを利用して統合失調症病に仕立て上げられています。

テクノロジー犯罪被害者イコール統合失調症というデマが広がる原因は、日本国内の統合失調症の診断基準にあります。

日本国内の統合失調症の診断基準には、世界保健機関(WHO)が作成しているICD「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)」と、アメリカ精神医学会が出版しているDSM「精神障害の診断と統計の手引き(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)」が利用されています。

ICD「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」と、DSM「精神障害の診断と統計の手引き)」には、精神工学兵器や音声送信装置を利用した統合失調症の症状を遠隔から人為的に再現できる危険性について記載されていません。本来は、ICDとDSMに、精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準が導入されるべきです。
 
テクノロジー犯罪の加害勢力は、世界中で共通しています。どこの国でも主犯は、軍情報部、警察、軍産複合体、研究機関による複合ネットネットワークです。特に、影の政府側の部隊が主体となって行っています。
 
世界的に同時に起きているテクノロジー犯罪には、内部告発者や証言者がいます。元米陸軍ジュリアン・マキニー、元台湾陸軍中佐アラン・ユー、元FBI特別捜査官 テッド・L・ガンダーソン、ラウニ・キルデ博士、キャサリン・ホートン博士などです。

元英国軍情報部第5課(MI5)所属のマイクロ波の専門家バリー・トゥロワー博士、元CIAの諜報部員カール・クラークは、マイクロ波兵器による市民への人体実験が行われたことを証言しています。元アメリカ国家安全保障局テクニカルディレクターのウィリアム・ビニーも、マイクロ波兵器による一般市民に対するテクノロジー犯罪の存在を認めています。
 
内部告発者の肩書を見ればわかるように、国家が関与した極秘人体実験なのです。海外ではTVでニュースでも取り上げられています。日本でも少しずつ過去の人体実験がドキュメンタリーとして取り上げられ始めています。
 
テクノロジー犯罪被害者は、すべての都道府県に存在しており、実は被害者の過半数が一般女性です。もちろん、この〇〇県にも、多くの被害者がいます。
(○○=街宣を行う県)

テクノロジー犯罪の存在を否定するということは、日本政府と、日本を植民地化にしている海外勢力合同の、一般市民に対するテロおよび、長期的な人体実験が存在する事実に、目を背けるという行為です。
 
すでに皆さんも、テクノロジー犯罪の被害者になりつつあります。5Gネットワーク通信のための過剰な電磁波基地局の設立、それに伴う電磁波被害、福島原発事故による汚染土や、汚染された飲食物による放射線被害、ケムトレイルや毒物入りのワクチンといった薬物被害など。令和時代になり、デジタル監視社会が進むと同時に、警察国家も加速しつつあります。

テクノロジー犯罪を運営する黒幕は、世界統一政府を目指す一部の貴族連合ですが、彼らの真の目的は、すでに分かっています。それは、全ての日本人を人工知能と繋げて管理することです。日本政府は、その下請けをして監視社会を促進しているのです。

日本国内のテクノロジー犯罪には、防衛省とペンタゴンが関与しています。アメリカのテクノロジー犯罪と密接に繋がっているため、日本側の意向だけで停止できるかはわかりません。アメリカのテクノロジー犯罪被害者とも連携して、今後は在日米軍関係者にも周知していきます。
 
ご通行の皆さま、近年になって急激に市民を監視するシステムが拡大しているとは思いませんか? 監視カメラはもちろんのこと、顔認証システムも拡大しつつあります。また、マイナンバーカードや電子マネーの普及も加速しています。

※コロナ騒動が続いている時期のみの追加原稿
「皆さんは、コロナ危機の裏で静かにデジタル監視インフラが拡大していることに気付いていますでしょうか。 いつの間にか、私たちの個人情報や生体データを収集するインフラが広がっています。」

テクノロジー犯罪には、高度電子工学を利用した新たな監視社会構築のための、社会的実験の要素があります。日本のすべての都道府県に被害者が用意されているのもそのためです。

皆さま、ここ〇〇県でも、多くのテクノロジー犯罪被害者が存在します。被害者がたくさんいるということは、テクノロジー犯罪に利用される電磁波兵器や音響兵器のインフラが拡大していることになります。みなさんは、その中で生活しているのです。

テクノロジー犯罪は、国家権力も関与した大規模犯罪であり、警察や公的な機関に訴えても無視されることがほとんどです。時には精神病院に強制入院させられるケースまであります。ですから、何よりも世論が必要なのです!
 
テクノロジー犯罪被害者は、ここ数年激増しています。ネット上の情報が増えているのも、そのためです。ひょっとすると、この街宣を聞いている人の中にも、被害者の方がいるかもしれません。
 
安心してください、あなたは1人ではありません。私たちの様に、多くの被害者が声を上げ立ち上がり始めています。チラシをお配りしているので、興味のある方はチラシを受け取ってください。
 
テクノロジー犯罪に関与する加害者の皆さんに、メッセージがあります。
気軽な気持ちでこの犯罪に参加している加害者の皆さん、あなたは、自殺に見せかけた人殺しや、一般市民に拷問を与えるプログラムに参加しているのです。良心があるなら、今すぐやめてください。
 
あなたの家族やご先祖が、犯罪を犯している今のあなたを見て何を思うでしょう。目を覚ましてください。僅かなお金と命令で、大切なあなたの人生をドブに捨てないでください。
 
せっかく生まれて来た人生です。他人の人生と幸福を奪うことに時間を使わないでください。人生は短いのです。自分の幸福のために好きなことを見つけ、そこに時間を使ってください。もし、内部告発をして頂けるのであれば、少なくとも私個人は、これまでの罪を許します。人として生きるためにも、組織犯罪から足を洗ってください。
 
ご通行の皆さん、テクノロジー犯罪には、明らかに優生学的思想が含まれています。加害組織上層部は、ターゲットを狩の獲物や、先端科学実験のモルモットぐらいにしか考えていません。
 
優生学的思想は、日本でも徐々に息を吹き返し始めています。デジタル監視社会と優生学思想の融合は、ジョージオーウェルの「1984」や、オルダス・ハクスリーの「素晴らしい新世界」のディストピアをほうふつとさせます。

テクノロジー犯罪被害者には、思考盗聴システムや、遠隔的な生体情報の監視が利用されています。思考盗聴と聞くと、急に信ぴょう性を疑う方がおられるかもしれませんが、半世紀以上から研究されている技術であり、特許にもなっています。私たちテクノロジー犯罪被害者は、ある意味、未来の日本の監視社会を生きているともいえるのです。

近い将来、すべての日本人を高度電子工学の網と人工知能が監視して、思考を読み取り、人々を点数化して、非国民と認定された人間は、指向性エネルギー兵器で拷問されるという時代が来るかもしれません。

今ならまだ間に合います。どうか皆さま、テクノロジー犯罪を他人事だと思わずに、被害者の声を聞いてください。もしかしたら、被害者の声の中に、未来の日本を救うヒントがあるかもしれません。未来の子どもたちのためにも、どうかこの犯罪の周知活動ににご協力してください。

2020年の東京都知事選では、NPO法人「Targeted Individuals Japan」代表の押越清悦氏が「世の中にテクノロジー犯罪の存在を訴える」公約を挙げ無所属で立候補しました。集団ストーカーやテクノロジー犯罪に言及する政治かも、少しずつ増えています。

アメリカでは、ミシガン州、メイン州、マサチューセッツ州の州法がエレクトロニック・ハラスメント行為を禁止しています。日本でも、テクノロジー犯罪撲滅に向けて政治を動かしていく必要があります。

テクノロジー犯罪被害者だけではなく、みなさんの子どもや孫たちのためにも、テクノロジー犯罪を禁止する法律や条例を成立させていきましょう!

テクノロジー犯罪について興味のある方は、チラシをお配りしております。ぜひ手に取ってください。そして、よければおうちに帰ってほんの少しの時間でいいので、テクノロジー犯罪について検索してみてください。

みなさんのご理解が、この犯罪を世に知らしめるための唯一の希望なのです。どうか、この犯罪を知ってください。そして、もし身近な家族や友人の中に、テクノロジー犯罪の被害を訴えている方が現れた時は、冷静に話を聞いてあげてください。

テクノロジー犯罪は、電磁波兵器と音響兵器が複合的に利用されています。そのため、防振加工を施した電磁波シールドルームか、地下シェルターでなければ防げません。テクノロジー犯罪被害者のご家族は、電磁波シールドルームの作成を許可してあげてください。

テクノロジー犯罪の被害に会い、家族や友人に理解されず自ら命を絶つ人も少なくありません。身近に理解してくれる人がいるだけで、被害者は本当に救われるのです。皆さんの善意が、多くの人の命を救うのです。
 
全国の被害者の皆さん、共に周知活動を続けてまいりましょう。テクノロジー犯罪被害者の理性的な行動と、市民の皆さんのご理解・ご協力が合わされば、この犯罪は、必ず表に出てます。そして、解決の糸口が見つかります。
 
全ての日本人の未来のためにも、この犯罪の存在を共有し、一刻も早く、高度電子工学を利用した政府の人体実験であるテクノロジー犯罪を廃止に追い込みましょう! そのためにも、皆さまの御理解と御協力をお願いします。
 
ご清聴ありがとうございました。
 
(完)

追加原稿
※TI-DAYのみ
「世界中のテクノロジー犯罪被害者は、毎年8月29日を「TI-DAY」と名付け大規模な周知イベントを行っています。テクノロジー犯罪被害者は世界中にいます。日本にもたくさんいます。この◯◯県にも多くの被害者がいます。ぜひ皆さん、チラシを受け取ってご家族や知り合いの方に伝えてください。チラシの内容を、SNSでも取り上げてもらえると助かります!」

※集団ストーカー&テクノロジー犯罪は、静かなる世界大戦の一部です。


資料



テクノロジー犯罪の基本

テクノロジー犯罪の詳細

※引用&転載自由
表現がストレートすぎると感じた方は、各自で微調整してください。

※一般市民に分かりやすいA版と、テクノロジー犯罪の基本が分かる人向けのB版に分けてみました。

※※※

(memo)

海外の集団ストーカーマニュアル(翻訳版)
※出来れば原文を読んでください。
※ラウニ・キルデ博士の情報、英国情報機関が関与している可能性が指摘されています。CIAの背後にもいたタビスック人間関係研究所も関与している可能性があります。こちらは大英帝国側のシンクタンクが製作したプログラムであり、創価学会のプログラムではありません。日本では防衛省情報本部、公安、宗教ネットワーク、米国情報機関が関与していおり、創価学会は協力組織の1つの位置付けです。


黒い陰に輝く光 書籍
※アマゾンに在庫があります、手に入る内に購入してください。

故 ラウニ・キルデ博士「マイクロチップ、インプラント、マインド・コントロール、サイバネティクス」

※※※


ウォーカーの全てのブログ 復元用魚拓 ※最終記事



ウォーカーのブログ 魚拓一覧
https://archive.vn/https://ameblo.jp/walker-memo/*

ウォーカーのブログ ミニ 魚拓一覧
https://archive.vn/http://walkermini.blog.fc2.com/*

人類の独立 魚拓一覧
https://archive.vn/https://ameblo.jp/a-lethe-ia/*

日記&メモ帳 魚拓一覧
https://archive.vn/https://syuusutomemo.fc2.net/*
 
ウォーカーのブログ 永久保存版 魚拓一覧
https://archive.vn/https://ameblo.jp/syuusuto-memo*

アルテイア 魚拓一覧
https://archive.is/https://aletheia.hatenadiary.jp/*

集団ストーカーライブラリー 魚拓一覧
https://archive.is/https://ameblo.jp/syuusuto-library/*

言葉にならない 魚拓一覧
https://archive.is/https://himitunoniwa.fc2.net/*

テクノロジー犯罪対策室 魚拓一覧
https://archive.is/https://cybertorture.fc2.net/*

※「*」を忘れないでください。


元のURL
 
 ウォーカーのブログ
https://ameblo.jp/walker-memo/
※加害勢力の工作により消滅。

ウォーカーのブログ ミニ
ttp://walkermini.blog.fc2.com/
※加害勢力の工作により消滅。
 
集団ストーカーの研究
https://happy.ap.teacup.com/walker-memo3/
※加害勢力の工作により消滅。

人類の独立
https://ameblo.jp/a-lethe-ia/
※加害勢力の工作により消滅。

日記&メモ帳
https://syuusutomemo.fc2.net/
※現存

ウォーカーのブログ 永久保存版
https://ameblo.jp/syuusuto-memo
※現存

アルテイア
https://aletheia.hatenadiary.jp/
※現存

ウォーカーの生存確認日記
https://walker-memo.hatenadiary.com/
※加害勢力の工作により消滅。

集団ストーカーライブラリー
https://ameblo.jp/syuusuto-library/
※現存

言葉にならない
https://himitunoniwa.fc2.net/
※加害勢力の工作により消滅。

テクノロジー犯罪対策室
https://cybertorture.fc2.net/
※現存

ツイッターアカウント
@yuu2_memo
※現存ですが、更新を停止するため半年後に消えます。

書籍 集団ストーカー入門
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12621081304.html
.
※ツイッターアカウントは、加害勢力の工作により4度消滅。掲示板1つ消滅。


魚拓サイト
 
ウェブ魚拓
https://matome.naver.jp/odai/2134149723975687101
 
archive.today
http://archive.is/


最後のお願い

この記事が、ウォーカーの最後の記事です。私のブログは近い将来、全て消去される可能性が極めて高いです。皆さんに、最後のお願いです。

各自で必要な情報を保存しておいてください。そして、万が一私のブログが全て消去された場合は、

①集団ストーカーライブラリー
https://ameblo.jp/syuusuto-library/

②テクノロジー犯罪対策室
https://cybertorture.fc2.net/

③ウォーカーのブログ 永久保存版
https://ameblo.jp/syuusuto-memo


 この3つのブログを復元して頂けると助かります。私が皆さんに読んで頂きたいのは、上記の3つのブログと日記&メモ帳だけです。他のブログは復元する必要はありません。

私はすでに再起不能であり、復元作業自体、自分で出来なくなっている可能性が高いです。私が命がけで書いた情報を後世に伝えて頂けると幸いです。

※集団ストーカーシステムの解明は可能でした。皆さん、次は解決に向けた行動です。私は物理的にこれ以上の活動は出来ませんが、心の中で皆さんと共に戦います。私は再起不能にされてしまいましたが、不思議と後悔はありません。

私は行動すべき時に、必要な行動が出来ました。皆さんにも今やるしかない時がきます。その瞬間を逃さずに、必要な行動を起こして未来へ希望を残してください。

私は未来に希望を持っています。私たちが必要な行動を起こす限り、希望は消えることはありません。そして、過去の全ての被害者の意思と行動を束ねて、大きな力にしてこのシステムを粉砕しましょう!

私は皆さんに感謝しています。もし、未来にテクノロジー犯罪が一斉に終わる日が来たならば、その時は皆さんと祝杯をあげたいです。自由な空で思い切り笑顔で語りあいましょう。それでは皆さん、またいつか🎵


※ウォーカーの記事は、これが最後です。今後、ウォーカー名義のSNSが現れた場合は、私とは別人なのでご注意ください。何かあれば、こまさんやリラックスさんなど、信頼の出来る知り合いの方を通してメッセージを送るのでご安心ください。


※記事執筆:2021年3月12日

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント